ショアジギングを始めよう!初心者におすすめのタックルや釣り方などを紹介

      2017/10/20

煙樹ヶ浜でショアジギング!

ショアジギング(ショアキャスティング)を始めよう!

ハマチやブリ、ヒラマサなどの青物からキジハタ、アカハタなどの根魚まで、様々な魚種を陸から狙える「ショアジギング(ショアキャスティング)」について、これから始める初心者向けにショアジギング入門として解説します。

海面で魚達がベイトフィッシュを捕食する「ナブラ」が湧いて案外簡単に釣れることもありますが、基本的には投げまくり、しゃくりまくりのハードな釣り!でも、釣れてたらデカくて、よく引き食べると美味しい魚達が待ってますよ!

目 次
ショアジギング(ショアキャスティング)とは?
ショアジギング・ショアキャスティングで釣れる魚
ショアジギングの方法(釣り方)と使用するルアー
ショアジギングの実釣解説動画と魚の活け〆方法
ショアジギングおすすめロッド
ショアジギングおすすめリール

スポンサーリンク




ショアジギング(ショアキャスティング)とは?

ショアジギングとは?

ショアジギングとは?

ジギング(jigging)というと、一般的には沖に出て船の上からメタルジグを投入し青物や鯛などを狙う事を言いますが、それを陸からやるようになったのが「ショアジギング」(区別するために、最近では船からのジギングを「オフショアジギング」と言います)。また、メタルジグではないミノーなどのプラグを使ったものをショアキャスティングと呼んでいます。

ショアジギングに3つの呼び分けがあり、基本的には扱うルアーの重さによって分けられています。

1つ目はメジャークラフトやゼスタが提唱している〜20gまでの軽量メタルジグやルアーをライトタックルで扱う「スーパーライトショアジギング」

2つ目は一番多くの人がやっている(と思います)20g〜60g程度のメタルジグやプラグを扱う「ライトショアジギング」

3つ目は100g前後、もしくはそれ以上のヘビーなメタルジグやプラグをぶん投げ、シイラ、ブリ、ヒラマサなど大型の青物を陸から狙う「ショアジギング」。

またショアジギングの派生の釣り方として、アングラーズリパブリックの沼田氏が提唱している「ショアスロー」という方法があります。ショアスローはショアジギング、ライトショアジギングのタックルと基本的に同じですが、メタルジグの動かし方などアングラーズリパブリック沼田氏の経験に基づき工夫を凝らしたものとなっています。

ショアスローにおけるメタルジグのローテーション術
アングラーズリパブリックより、ショアスローの伝道師「沼田純一氏」が教えるショアス ...

同じショアジギングでも狙うターゲットや使用するメタルジグやプラグの重量によって、タックルの強度が全く違ってきます。使用範囲外の重たいジグやルアーを扱ったりするとタックルの破損に繋がるので、自分が狙いたいターゲットに合わせたタックルをチョイスしていきましょう。

▼次のページはショアジギングで狙える魚

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

1 2 3 4 5 6

この記事をシェアする!

 - ショアジギング, 青物

スポンサーリンク

スポンサーリンク