釣りにおすすめのクーラーボックスを紹介!釣り方や魚種に合わせたサイズや保冷力

   

釣りにおすすめのクーラーボックスを紹介!

釣りにおすすめのクーラーボックスを紹介!

釣りにおすすめの最新クーラーボックスを紹介します。

釣具メーカーからアウトドアメーカーなど各社から沢山の種類が発売されていて、それぞれ保冷力やサイズ、自重など異なり、どれを購入すれば良いか正直結構悩みますよね。

私も全てのサイズのクーラーボックスを持ってる訳ではなりませんが、友人が使用しているものや、釣り場でよく見かけるものなど、釣り方や魚種にあった「おすすめのクーラーボックス」や「クーラーボックスの選び方」をご紹介。参考になれば幸いです!(写真はフィクセル ベイシスの30Lモデル)

目 次
・釣り用クーラーボックスの選び方や特長
おすすめの小型クーラーボックス
おすすめの中型クーラーボックス
おすすめの大型クーラーボックス
ターゲットや釣り方別のおすすめクーラーボックスのサイズ

スポンサーリンク




釣り用クーラーボックスの選び方や特長

釣り用クーラーボックスの選び方

釣り用クーラーボックスの選び方

クラーボックスといっても、釣り用やアウトドア用、運動会に使えるものなど利用シーンに応じて多種ありますが、真水から海水まで使用範囲も広く、鮮魚保存、使用場所も堤防から磯・船まで様々と一番ハードな使用状況なのは釣り用クーラーボックスではないでしょうか。

我が家にもアウトドア用のクーラーボックスもありますが、保冷力やメンテナンス性、堅牢性などを考えると釣り用のクーラーボックスが一番良いと感じています。

釣り用クーラーボックスの選び方は?

釣り用に発売されているクーラーボックスは種類が多く迷いますよね。

同じメーカーでも、サイズや保冷力など様々な種類が出ています。そんな豊富な種類の中でも選び方で共通して言えるのは、下記4項目を検討すれば良いと思います。

ターゲット魚種や釣り場
まず、購入予定のクーラーボックスをメインで使う釣り環境や利用シーンを想像します。例えば、堤防で鯵やメバルなど小型魚を中心に狙う、船で大型魚を狙う、釣りにもアウトドアにも使いたいなどなど。

ある程度、利用シーンが想像できれば下記の容量やサイズ、保冷力、重量などを絞り込めます。まず、何に使いたいか考えましょう。

クーラーボックスのサイズ(容量)
クーラーボックスのサイズ(容量)は、基本的に◯◯リットルで表現され、縦*幅*奥行のそれぞれ「外寸」と「内寸」で表記されていることが多いです。後は目安として500mlのペットボトルが◯本入る、ブロックのアミエビが◯個入る、みたいな紹介をされているメーカーもあります。

また、保冷力が高いクーラーボックスは使用されている材質が分厚かったりし、外寸の割には内寸が小さく、結果として容量(◯◯リットル)が少ないものがありますの注意が必要です。

保冷力
保冷力はクラーボックスの性能です。保冷力の説明としては、例えばクーラーボックス内に「容量の1/4分の氷を入れ、◯◯時間後◯◯%残存する」といった基準を元に説明されている事が多いです。(メーカーによって保冷力の説明が異なる場合があります。)

自重(重量)
クーラーボックスは長方形なので6面体。この6面に使用する「材質」によって先程の保冷力が変化。そして、使用する素材と、何面(3面真空パネルや1面真空パネルとか)に使用しているかによってクーラーボックスの重量が大きく変わります。

クーラーボックス選びは、使用環境を想定した「保冷力・容量・軽量性(重量)」のバランスの選択になりますね。

次のページは「おすすめの小型クーラーボックス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

1 2 3 4 5

この記事をシェアする!

 - フィッシングツール

スポンサーリンク

スポンサーリンク