タチウオ釣り@助松埠頭に行ってきました。

      2017/10/11

泉大津(助松埠頭)の沖向きテトラ

泉大津(助松埠頭)の沖向きテトラ

こんにちは。ここ数日、関西各地のタチウオ釣果情報を見てる限りでは、一時期のタチウオ爆釣モードは無くなってる感じ。

西の神戸方面か南の泉南や泉大津方面かと迷った結果、今シーズンは初となる助松埠頭(泉大津)の沖向きテトラへタチウオ釣りに行ってきました。

スポンサーリンク




助松埠頭でタチウオ釣り

雨予報で時折小雨がぱらつく感じだったので、流石に人は少ないと思いきや1人また1人と日没前には、そこそこのアングラーが集結(勿論普段よりは少ないと思いますが)。

海面の様子

海面の様子

海面を見るとイワシっぽいベイトがかなり入っており、アチラコチラでパシャパシャと雰囲気は良い感じ。海の色もいつもは茶色で濁ってる事が多いですが、深いグリーンで比較的綺麗でした。

そして、17時15分頃に左隣で釣ってた人にヒット。メタルジグの遠投後の底付近っぽい感じ。17時30分頃になると30m〜50mぐらい先でサゴシがライズし始めプチナブラ状態。

せっせと狙いましたが全然喰わず。他の人も狙ってましたが、サゴシは釣れて無さそう。よく見るとサゴシだけでなく、タチウオもたまにジャンプ。

専用設計なので、さすがにバッチリ!

フラッシュJ SW

ファーストヒットは17時40分頃。タチウオがジャンプしてたので、あまり沈めず表層気味にパワーダートミノーを軽くダートさせてるとヒット。

そして、隣でフラッシュJシャッドを使用していたMさんにアタリが集中してたので、フラッシュJ SWに変更するとすぐにヒット。

2匹とも「ガツン!」ではなく、「もぞもぞ」っと引き釣りこまれるようなアタリでした。(※今回私は持ってきて無かったのですが、フラッシュJのシャッドタイプ、最近これが調子良い気がする)

そうそう、今回始めて使ったフラッシュJ専用の「ワインドタチフック」、タチウオが釣れてもずれる事も無く良かったですよ。

太刀魚ワインド用のフック「ワインドタチフック」でアシストフックが不要になりそう!?
こんにちは。インクスレーベルがプロデュースしている包丁の第3回目の受注申し込みが ...

その後、釣れ続くかと期待しましたが一瞬で時合終了・・・。時間にして10分〜15分ぐらいと短く、18時を過ぎた頃にはパタッとアタリが無くなりました。時合終了後はキビナゴ+テンヤの引き釣りに変更しましたが、2バイト0ヒットで19時頃に納竿。

私は2本でしたが、Mさんは時合にフラッシュJシャッドのルミノーバで4本、時合後にタチウオゲッターで1本の計5本と、渋い中でなかなかの釣果を叩き出してました。

タチウオのサイズはF3とF3.5と少し良くなってきてる感じですね。バイト自体は10回近くあったので、もう少し掛けられたら釣果は伸ばせたかな〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事をシェアする!

 - 釣果情報, タチウオ(サーベリング), ワインド , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク